パーティードレスの良い選び方や選ぶときのポイント

大人になると人生で、誰しも一度はパーティーや結婚式などの喜ばしいお祝いごとにお呼ばれして、参加する機会があります。まずその際に、どんな服装で行けば良いのかと悩む人が多いです。もちろん、華やかなお祝いごとなので、いつも着ている動きやすいシンプルなカジュアルファッションで行ってしまうとドレスアップしている場所では、浮いてしまいます。その場の雰囲気に溶け込むような華やかなドレスを着て、出席するのが一般的です。パーティードレスといっても、スカート丈の短く大胆に足を出しているセクシーなドレスから、スカート丈がひざ下や足首まであるロングドレスなどの清楚なものまで、種類は様々です。自分の好きな形や、似合うパーティードレスを吟味して選ぶことが大切です。

程よい肌見せで華やかさを演出する

どんなに、華やかなお祝いごとやパーティーであっても見ている人がドキッとするような肌みせ部分が多いドレスはおすすめできません。というのは、結婚式などのお祝いごとであれば特に主役は花嫁であるため、花嫁が着るウェディングドレスよりも目立つことはあまりよくありません。最低限のマナーとして頭に入れておく必要があります。また、ウェディングドレスを連想させる白色のドレスは避けて選ぶことが大切です。その点を注意した上で自分好みの華やかな色のものを選ぶと良いです。また、セットでお祝いごとにふさわしいパールが入ったネックレスやピアスを取り入れることで、より女性らしい印象を与えることが出来ます。トップに肌見せがない場合は、短すぎない程よいスカート丈のものを選び程よいふくらはぎや足首を出して程よい肌見せをすることでより華やかになります。

パーティードレスの購入前には試着を

パーティードレスは、普段私服で着ている普段着のサイズとは微妙に誤差があります。そのため、必ず購入前には試着をすることをおすすめします。普段着を購入する際に、試着をせずに洋服を購入していることが癖になっている人は、同様についつい試着せずにドレスを買ってしまう人がいます。そうしてしまうと、いざパーティーや結婚式の前の日に試着した際に思っていた印象と違ったり、サイズがきつすぎたり緩すぎたりというトラブルが発生し、後悔してしまう場合があります。購入前に、試着室でスカート丈は短すぎないか、胸元の締め付けや緩みはないかなどをチェックします。ドレスは、女性らしいボディーラインを出すようなくびれの見えるデザインのものがあるため、試着を怠ると当日美味しい食事を思いっきり楽しめません。よって試着はとても大切です。